blog index

フラワーレメディと共に〜津高台セラピールーム〜

バッチフラワーレメディを使ったカウンセリングを岡山で行っています。悩みが尽きないわ…。私ってこんな心癖があるのよね。などなど多かれ少なかれ皆さんあるでしょう。そんな悩みを根底から解放していくお手伝いをさせていただいてます。
<< 新メンバー紹介:メイクアップカウンセリング | main | バッチ国際教育プログラムを受けた方向けのbrushup講座 >>
奇跡を感じる話

 NHKのカーネーションの今週の副題が「奇跡」でしたが、まさに私も奇跡の話を聞きました。
その話を聞いて朝から嬉しく、そしてそれが全て上手く行ったと知り、ミラクルを感じ不思議な力について想像をかきたてました。

一昨日、私の住んでいる地域で大きな事故がありました。たまたま、私も娘が早く帰っていて、
近くのスーパーを一緒にウロウロしていたとき、何台も消防車が走りすぎ、しかも後ろにゴムボートを乗せているのもあり、ヘリコプターは上空をウロウロしているし、
これは火事とは違うただ事ではない事 が起こっているな、と娘と話をしていました。
そして、次の日新聞を見ると、その事故の記事が。
67歳の男性が車ごとガードレールを突き破り池に転落、重体。
という記事でした。あ〜助かるといいな…と願いつつ、でもどうしたんだろう、と次の行を読み進めていると、
救助した方の職業名と年齢が書かれてありました。2人いらっしゃって、お一人は警察官、もう一人がどう見ても、私の友人の御主人???!!!
思わず受話器を取って電話をかけてしまいました。

やはりそうでした。友人夫婦のとっさの行為をすごいね〜!と英雄的な御夫婦を思い浮かべながら話しをし感動しつつ、
さらに話を詳しく聞くと、もっ と不思議で奇跡と呼べるような事が新聞記事にはないドラマがその場で起こっていたのがわかりました。

まずは、あまり人通りの多い場所ではないその場に偶然私の友人が居て、御自宅で仕事をしていた御主人をすぐに呼びにいけたこと、
そしてすぐに機転を利かせてハンマーを持って落ちた車のガラスを割って救助しようとしたこと、
しかし、事故をされた方が体格の良い方だったので一人では引き上げれないと分かった時に、仕事帰りの非番の警察官が通りがかり一緒に引き上げるこ とが出来たこと・・・。
さらには、事故時に何らかの形ですでに気絶されていたのが幸いし、呼吸も荒くなく、慌てる様子がなかったのでそんなに水を飲んでいなかったこと。
このような奇跡と呼べるような状況が全て整っていたからこそ、男性の命が助かった、と話の内容からうかがうことが出来ました。
すごい生命力を感じたのと同時に、その男性の強い運みたいなものをが重なっていると思いました。何か成し遂げないといけない強い使命を背負っているのではないか、と勝手に一人で
拝みたくなる気持ちでした。
幸い、重体とかかれてありましたが、状態は随分良いらしいという話も伺え「本当に良かったね〜!」と電話で話して終わりました。

345373_feelin_lucky.jpg

いろいろなドラマがあるものです。新聞の記事からは想像もできないドラマがそこにはあったことを友人からうかがうことが出来ました。まだまだ興奮冷めやらぬ話です。

| 高田みすみ | 人間くさい私も好きでありたい | 20:33 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ